忍者ブログ

新主将挨拶


この度、花澤佑昌前主将から引き継ぎ秋田大学医学部ラグビー部第41代主将を務めさせていただくこととなりました、高坂和椰と申します。


 

秋田大学医学部ラグビー部が新体制をスタートにあたり、簡単ではありますがご挨拶を申し上げます。

私は高校時代からラグビー部に所属し、大学では主にSH,SOとして試合に出場させて頂いております。ラグビーを始めて6年目のシーズンとなりますが、主将という立場に就くのは初めてです。カリキュラムの変更に伴い主将交代の時期が半年早まったこともあり、大学での経験が浅い中チームを引っ張っていくことに不安を感じてはいますが、ラグビーの礎である「自己犠牲の精神」の下、精神面と技術面の双方でチームが成長できるよう励んでいきたいと思います。
また、当部は今年度で創部40周年を迎えます。記念すべき節目の年、先輩方が築いて下さった伝統の重みと感謝で身が引き締まる思いです。
 
さて、医学部ラグビー部はこの春8名の先輩方が御卒業されて、現部員はプレーヤー14名マネージャー9名で部員不足に悩んでいる現状です。しかし、新入生勧誘に力を入れて東医体と東北地区大学ラグビーリーグに出場し、昨シーズンよりも良い結果報告ができるよう努めてまいります。また、今秋に開催を予定しております創部40周年記念試合においても、現チームの成長した姿をお見せできればと存じます。 


最後になりましたが、OBOGの皆様、顧問の先生方、保護者の皆様の日頃のご支援、ご声援に厚く御礼を申し上げます。ラグビーができる環境を提供して下さっている皆様方への感謝の気持ちを忘れず、日々の活動に取り組んでいきたいと思います。今後とも、変わらぬご支援、ご声援のほど、よろしくお願いします。



 



主将 医学科3年 高坂和椰


PR