忍者ブログ

主将並びに幹部交代のご挨拶

 2018年度におきまして、主将を務めさせていただきました、小舟亮輔です。秋のリーグ戦を終え、主将並びに幹部が交代致しますので、ご挨拶申し上げます。
   
 まず、OB、OGの皆様、各部員のご家族の皆様、今シーズンも変わらぬご支援、ご指導をいただき、本当にありがとうございました。また今年は、初めての試みと致しまして、有志でのOB戦を行わせていただきましたが、沢山のOBの方にご参加いただき、ラグビー部の縦のつながりを強く感じることができました。来年度以降も開催される予定ですので、是非沢山のOB、OGの皆様に参加していただきたいと思っております。
    
    
 さて、今シーズンを振り返りますと、東医体、秋リーグ共に怪我人に苦しみ、決定打にかけた試合が多く、全体として不甲斐ない結果となってしまいました。沢山の、才能を持った1年生が入部してくれ、沢山の上級生が練習に来て下さったにもかかわらず、それを発揮出来ずにこのような結果となってしまったのは、主将である自分の責任であると言わざるを得ません。本当に申し訳ありません。
 それでも、秋リーグの後半戦では、各々のスキルが光ると共に、声が出たとても活気のある試合ができ、来年度以降のシーズンが非常に楽しみな試合であったとも感じております。私におきましても、技術面は他の部員に劣る分、どんなに苦しい状況でも声を出す姿勢と、諦めずに前を向くことだけは、全うしたつもりです。今年の経験が、来シーズン以降の勝利につながってくれればと思います。
   
   
 新主将につきましては、現医学科2年、瀬下が務めます。今シーズンは1年間副将、FWリーダーを務め、チームの核として活躍してきました。ラグビーを愛するとともに、指導力、体の強さ、スキルも総じて高いプレーヤーであり、強いチームをつくり上げてくれると信じております。
  
  
 最後になりますが、OBOGの皆様、各部員のご家族の皆様への感謝の気持ちを胸に、来シーズン以降もがむしゃらにラグビーをして参ります。今後とも変わらぬご支援、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
   
  
   
秋田大学医学部ラグビー部第42代主将
医学科3年 小舟 亮輔
PR